人生を一歩先へ進めるためのメディア

FEATURE

パーソナル・トレーナー池澤智が提案するアクティブ・ウェルネス

20年以上、何万人ものカラダを変えてきたパーソナル・トレーナー池澤智が、あらためてカラダづくりに必要だと感じたウェルネスの考えについて、そしてこの度開催する運びとなったZEN Wellness × CLEAN BEAUTYのワークショップについて語ります。

トータル・ワークアウトの考えるウェルネスの提案「アクティブ・ウェルネス」とは?


TOMO IKEZAWA/ 池澤 智

トータル・ワークアウト プレミアムマネジメント株式会社
代表取締役

パーソナル・トレーナーを目指し、トータル・ワークアウト創設者ケビン山崎の元へ渡米。
多くの有名人やセレブのボディメイクを手掛け高い評価を得る。
2012-18年ミス・ユニバース・ジャパン、16年〜ミス・アース、19年〜ミス・ジャパンのオフィシャルトレーナーに抜擢され、ファイナリストたちのボディメイクを手掛けている。
2019年 goop TOKYOエグゼクティブ・マネージャー(Beauty/Exercise specialist)就任。
2021年 日本オーソモレキュラー医学会 アンバサダー就任。

六本木ヒルズには、自身が考案した美しいカラダをつくるための「Nutrient-dense foods」の考え方に基づくこだわりのメニューを提供するカフェ「TOTAL FOODS」がある。

ただ待っているだけではウェルネスは手に入らない。健康の為に、カラダに必要なものと不必要なものを知り、自分でチョイスする能力を養うことを重視する「アクティブ・ウェルネス」を提唱している。

トレーニングを通じて気づいた、カラダづくりに必要な物

パーソナル・トレーニングジムとしては「結果を出す」ことでお客様の要望に応えることを、当然重視しています。

結果を出すため、カラダづくりをするためには大きな筋肉を鍛えて、代謝を上げることが最優先。そこには、トレーニング以外に必要不可欠な要素があります。それは「食べるもの」。

カラダを変えるためには食事9割 運動1割 というほど食事が重要。
そのため、ジムにはカフェを併設し、数々の商品開発を行い、食べ物や栄養に関する情報は常に国内外へアンテナを張っています。

食べ物や、サプリメントは、自信をもっておすすめ出来るものだけを紹介するために、これらを研究し、必ず自分で体感します。これはもう、私のライフワークともいえます。

そしてもう一つ、
ある程度の筋肉のベースがあることを前提として・・・長い人生のスパンで健康を客観視した時、単に太った・痩せただけでなく、カラダづくりに重要な要素は「マインド」だと思います。

自分のカラダに向き合う

トレーニングでカラダという器が整うと、仕事・学び・コミュニケーション等、いずれにおいても良いインプット・アウトプットができる余裕が生まれ、自分と、その外側にある社会との良いつながりが生まれます。

また、トレーニングを頑張ると、その努力を無にしないために
「姿勢に気を付けよう」「食べ物に気遣おう」「疲れを残さないようケアをしっかりしよう」と、自分のカラダに向き合うようになります。

トータル・ワークアウトでトレーニングをする方は、アスリートや文化人だけでなく、経営者など様々な分野で大きな責任を伴う立場であることが多く、カラダという器を整える事と同じくらい、心を整えることを重視していると感じます。

私自身もカラダを整えることで心が整う、ということを実感し、3年程前からメディテーションについて積極的に学びはじめました。

そして、ジムのトレーニングで頑張っている会員の皆様のカラダだけでなく、情報があふれる日々で疲れを感じる頭や心をどうにかしたい、という想いから、2020年マインドフルネスという独自のプログラムをスタートしました。

マインドフルネスとは

メディテーション(瞑想)と聞くとかまえてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、わたしは感覚的に万物を受け止め、受容するタイプではなく、理論的・科学的な要素も大切にしています。これは、お客様に対して自分が納得したものを妥協せず提供するために必要な事だと思っています。

マインドフルネスはメディテーションそのものではありません。

マインドフルネスを辞書でひくと
「過去の経験や先入観という雑念にとらわれず、現実をあるがままに知覚し受け入れるための訓練」とあります。

心とカラダが一体となった状態=メディテーション(瞑想) を目指して
感情をコントロールできるようにするトレーニングです。

近年の未曾有の社会情勢の中では特に、こういったコントロールスキルが自身を守る手段として必要だと感じています。

デトックスとチャージ

「リトリート」という言葉を聞いたことがありますか?

仕事や日常生活から距離を置き、疲れた心や身体を癒して自分らしさを取り戻す休暇の過ごし方を指します。

文字通り、日常生活の場から物理的に離れ、良質な睡眠環境や美味しくて質の良い食事、温泉などでリフレッシュする過ごし方です。
デトックスする、と言うとイメージが伝わりやすいかと思います。

私はデトックス、というよりはどちらかというと、デトックスした上でチャージも完了する、という贅沢な目的でリトリートに行くことが多いのですが、それは人それぞれの過ごし方・・・

そんな私も、以前はデトックスなしで常にチャージしていました。
「カラダづくりありきの自分」が、今は「カラダづくりが手段の1つ」になりました。
以前の自分と今の自分、自分と他人、を比べるのではなく、自分が心地よいと感じる豊かさの価値観が分かったからだと思います。

自分と向き合う非日常 淡路島

ジムだけでなく、自分を見つめなおす非日常の場を提供したい、リトリートに力を入れていきたい、と考えていたタイミングで、淡路島の大自然、東経135度の地で禅体験ができる、淡路島 座禅リトリート「禅坊 靖寧(ぜんぼう せいねい)」からお声がけいただきました。

とにかく360度に広がる圧巻の風景と静寂は非日常そのもの。
自身を日常から切り離すのに申し分ない環境で、一目見て気に入り、協力させていただくことにしました。

5月4日にはオープン記念イベントとして、GW特別日帰りイベントを開催します。


ZEN Wellness × CLEAN BEAUTY

世界レベルの「美」をつくる
ボディメイクのカリスマ、
池澤智によるココロとカラダを整えるプログラム。

美しいカラダになる! ZENデトックスエクササイズ(90分)
内側から美しくなる! 腸を整える禅坊料理(90分)

5月4日(水)  11:00−14:00 / 16:30−19:30
https://www.zenbo-seinei.com/gwevent

*本イベントは終了しました。ご参加くださった皆様ありがとうございました。今後も不定期でイベントを開催する予定です。詳細は禅坊靖寧のウェブサイトよりご確認ください。

禅坊 靖寧

〒656-2301 兵庫県淡路市楠本字場中2594-5
https://www.zenbo-seinei.com/
お問合せ: 株式会社awajishima resort「禅坊 靖寧」運営事務局
Tel 090-7801-4063
E-mail zenboseinei@awajiresort.co.jp


クリーンビューティや、カラダに必要な物・不必要な物のチョイスの仕方、カラダを整えるエクササイズを交え、楽しく、そして翌日からすぐに役立つ学びと知識をお伝えしたいと思います。

見渡す限り360度に広がる淡路島の四季折々の景色の中で食べる禅坊料理もお楽しみに。
「腸」のことを考えて選んだメニューを考案しました。

自分の価値は自分でつくる アクティブ・ウェルネス

ひとりひとりが重ねる時間
その時間をどう過ごしていくかで自分ならではの価値観が出来上がります。

わたしも何万人と言うお客様のカラダと向き合い、そこからまた自分のカラダに向き合いなおす、と言う繰り返しの中から多くの学びや気づきがあります。自分だけでなく、お客様のライフスタイルを通じて学ぶことも多く、パーソナル・トレーナーという職業にありがたみを感じます。

こうしてトータル・ワークアウトに通い続けてくださっている方々に、もっともっと多くのウェルネスの選択肢を提供したい、と思っています。そのためには、ジムで繋がりつつも、ジムから離れたタッチポイントを増やしていくことがこれからの使命です。禅坊 靖寧(ぜんぼう せいねい)からその一歩を踏み出します。

5月のイベント以降も、不定期ですが禅坊 靖寧にて随時ワークショップを開催していきたいと思っていますのでお楽しみに。

ただ待っているだけではウェルネスは手に入りません。
健康の為に、カラダに必要なものと不必要なものを知り、自分でチョイスする能力を養うための知識を惜しみなくお伝えしていきたいと思います。

ウェルネスは自らの手で選んでほしい。
人から見た自分ではなく、「自分の価値は自分でつくる!」
そんな能動的な「アクティブ・ウェルネス」を発信し続けていきます。

私自身も更なる学びと吸収に繋がることを楽しみにしています。

メールマガジン登録ページへ
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
TW PLUS 編集部

TW PLUS 編集部

カラダづくりのプロフェッショナルチーム

カラダづくりのプロであるパーソナル・トレーナーと、フードケア・ボディケアの各スペシャリスト、編集者がチームを結成。経験に基づいたリアルな情報をお届けします。

  1. 2022 ミス・アース日本代表 松本真映さんがトータル・ワークアウトで磨く、世界レベルの美

  2. アタマで食べる習慣を学ぶ。1週間の食事メニューで筋トレも生活の質も底あげ

  3. 筋トレに最適な負荷はスピードで決める。効果を爆発的にアップするトレーニングの新常識

関連記事

PAGE TOP